• ラジコン

ビーフンデザインの内覧会にお邪魔しました!

こんにちは!

ラジコンの竹中です。いつもご訪問頂き有難うございます。

 先日、ビーフンデザインが手掛けられたホテルの内覧会にお邪魔しました。場所は上野駅からもほど近い御徒町から徒歩5分程のところ、国道沿いのマンションの2階部分です。

見た目はいたって普通のマンション!

 昨今集合住宅の一部を民泊として貸し出すスタイルが多く見られますが、こちらは2階部分を元々飲食として想定されておられたところを宿泊施設に変更。旅館業として運営されています。


 民泊だと簡易宿所営業扱いとなり180日の営業制限が発生してしまうのですが、旅館業だと日数制限もなく営業可能なので、「民泊するんだったらちゃんと旅館業の取得を取りたい」ってオーナーさんも増えています。


そんなこんなで早速チェック!

まさにビーフン、Be-fun(楽しくあれ!)な遊び心のあるデザインでした!



建築側の天井高さは2.9mなのですが、そこに2段分の寝床を入れることで洞穴に入るような雰囲気に仕上がっています。空間がヒューマンスケールに近づくのでとても落ち着いた雰囲気に仕上がっています。



それに併せて内部はいろんな壁の色を使用されているので、ポップでより遊び心のある雰囲気に仕上がっています。



はしごを登って上段の入り口は高さ70cm、内部は1mの高さしかありません。


寝るだけの場所なので、1mの高さでも十分です。この照明もビーフンデザインっぽくて素敵ですね!


下の部分は寝床は入り口が1.3mで高さが1.6m。大人だと頭を下げてくぐる感じで入り込みます。

頭上を見上げるとなんとそこに吹き抜けが!



上で寝ている人と下で寝ている人、ソファに座っている人がそれぞれ繋がる構成になっています。こうした遊び心のある空間作りが本当に上手です。


ベッドの脇に彫り込まれたニッチスペースや、

下のスペースに用意されたソファーなど、決して豪華な作りではないですが、そこにいるとなんだかホッとする印象を受けます。設計された方は、どうすれば落ち着いたり楽しめる空間を作ることが出来るのか。それを身を以て体感されているのでしょうね!

 自分の体験を空間に置き換えることが出来るって凄いことですね。

ちなみにこの写真の奥のソファースペースは高さが1.6mで、マットは楽天?かどこかの既成のものを使用されているとのことでした。


ちなみにこちらのシンクと水栓はイケアのもので、2万円くらい?とのこと。内部の造作は全てラワンの積層合板で大工さんの手作り。こうした家具は家具屋さんで作るより現場で大工さんが作った方が納まりもよく安価に仕上げることが出来るのでオススメですね!


私が個人的に良いなと思ったのがこちらの照明。

トグルスイッチでの入り切りが可愛いです!

配管むき出し。DIY的な要素もふんだんにあります。

元々飲食が入ることを想定した作りになっているので、設計の際にはスケールが住むためのものではなかったため細かい部分の納まりが大変だったそうです。

とは言いながらも見事な空間構成は流石の一言!


ちなみに上のスペースボックスはこんな感じで浮いた作りになっています。

天井から鉄骨で吊っているとのこと。。

さりげなくこんなこともやっているなんて、、、あっぱれです。。


締めくくりはこちらの鍵!

後付けに特化したリモートロックを使用。

電池式で配線いらず。

宿泊申し込みの際にIDが発行され、それを現地の端末のタブレットに打ち込めば暗証番号が発行されるため、普段はこの鍵は使わず暗証番号のみでロックします。

 無人化に対応した画期的なロックです。


部屋は2階部分で2部屋。ベッドは各部屋ダブルベッドが2つ付いています!

気になった方は是非一度泊まりに行ってみてください!

↓↓↓↓↓↓

https://www.airbnb.jp/rooms/40490600?source_impression_id=p3_1575868882_MbOK7Pfbf4DPwax5&fbclid=IwAR39T93honXRKM354Nlv7KOnZ3MQ5QXeNN--ywZDZf-wBIMqroIbzUO46Ok


では!

41回の閲覧
建築設計事務所ラジコン
〒165-0022 東京都中野区江古田2-9-14-204
  • Facebook
  • Instagram