ドゥブロブニク〜プリトヴィツェ国立公園へ

こんばんは!

ラジコンの竹中です。今日で日本に帰国して早いものでもう一週間が経ちました。。本当に、あっという間ですね。

時差ボケも落ち着き日本での生活を取り戻しつつありますが、ここ最近は寒かったり暑かったりで正直参っております。。

皆さんも体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね!


さて、本日は前回のブログからの続きについて書きたいと思います。


ドゥブロブニクから夕方のフライトでクロアチアの首都ザグレブへ。

ちなみに位置関係はこんな感じ。飛行機で約1時間半程度のフライトです。


ザグレブからプリトヴィツェへはバスが出ているので夜はザグレブに泊まり、早朝バスでプリトヴィツェへ。約2時間半のプチ旅行です。

プリトヴィツェ国立公園は1979年に世界自然遺産に登録されている公園で、その広さは192㎢、、途方もない広さです。。


そのためいくつかコースが分かれていて、早いコースで1〜2時間、一番長いもので6〜8時間掛けて周遊するコースがあります。私達はプリトヴィツェに着いたのが昼前の11時過ぎ、帰りのバスが4時半だったので、3〜4時間のコースを選びました。

(詳しい解説はこちらのサイトをご覧ください!比較的分かりやすくガイドされています。)



我々は右下のENTRANCE1からスタートし、St1経由でP3まで歩き、そこから遊覧船に乗ってP1まで、そこからまた遊覧船でP2に行き、一番左上のSt3まで行って最後はバスでSt1まで戻り、ENTRANCE1まで戻るというルートを選びました。


所要時間はスタートしてP2地点まで約2時間でしたが、途中寄り道も色々したのでもう少し早くまわれると思います。そしてP2からSt3までは早歩きで約1時間30分程度の道でした。



ENTRANCE1から入ってすぐ目に飛び込んでくるのがこの谷への眺め!上から見ても湖の青さが際立って見えますね!




山を下っていって次に広がるのが湖の透明度とどこまでも広がる青!

両側に湖が広がる1本道を歩いていきます。手すりがついていないところがいいですね!

日本だとありえないです、、



そこから道なりに行く前に少し寄り道。

滝を見るにはルートを少し外れないといけないので、見落とさないようにしてください!

滝を見た後はまた道なりに進んで、次は洞窟。これを上りきるとSt1のバスルートに行っちゃいます。



公園を見返した景色がとても綺麗です。

洞窟は突き抜けずに来たルートを戻りP3に向けて歩いていきます。



所々アップダウンがありますが、基本は平坦な道を進んでいきます。歩くたびに違う景色が広がっていくので、全く飽きません。。

途中に看板があるのですが、何が書いてあるか分からず、、

でもイラスト付きなのでなんとなく理解出来ます。



そんなこんなでようやくP3地点に着き遊覧船でP1へ渡ります。

ライフガードの量と中国人観光客に圧倒されながらユーラユラ、、

遊覧船が着いた後はまたひたすら道なりに進んでいきます。




山あり湖あり滝あり、、そして最後にはこの風景。





見たことがない風景の数々に心まで洗われること間違いなし!

そして最後はこちらのバスでENTRANCE1まで戻ります。

そこからまたバスでザグレブまで戻るのですが、冷房が効き過ぎていたのか疲れが溜まっていたのか、戻った頃には完全に風邪、、

軽くサラダとビールの晩御飯で1日の疲れをとりました。

チャンチャン


クロアチアに来た際にはぜひ立ち寄ってみてください!

建築設計事務所ラジコン
〒165-0022 東京都中野区江古田2-9-14-204
  • Facebook
  • Instagram