• ラジコン

星のやホテル東京に行ってきました

こんばんは!

ラジコンの竹中です。


いつもご訪問頂きましてありがとうございます!


先日、星のや東京に泊まってきましたので、そのご報告を少し。



ホテルに着いたのは夜22時過ぎでした。

地下のタクシー寄り付き場に着いたらすでにスタッフの方がスタンバイ!

そのまま導かれるまま客室に案内されました。


和菓子とお茶でお出迎え!

受付カウンターでチェックインをしない客室チェックインでしたが、初めてでしたので、なんだかとても新鮮な感じがしました。


入り口で靴を脱いで館内は裸足で移動します。1枚目の写真の左側の壁が靴箱になっていて、

デザインと併せて機能的に作られているところに脱帽ですね!

い草の香りが漂う館内は、まさに和を取り入れたデザイン一色。



客室は3階から16階までで、各階のエレベーターを降りたところに共有ラウンジがございます。軽食やビール、コーヒーといった飲み物が無料で頂けます。



(誰もいなかったので調子に乗って2時まで飲み食いしてしまいました。。)

館内レストランを利用しない人にとってはとても助かるスペースです!

朝はおにぎりも頂けちゃいます!


泊まった部屋はデラックスキングルーム。


星のやはテレビを客室にはつけないのですが、ここ大手町はビジネスで使用する方も多く宿泊されるので、テレビをつけているとの事です。


が、


どこにあるのか分かりません。



実は、このブラックガラスの中にテレビが埋め込まれていて、消えているときは完全なブラックミラーになります。

テレビは用意するけど存在感は消す。徹底されています。

ちなみにこの襖の向こうは全面ガラス張りの窓になっているのですが、

朝日を遮るために電動遮光ブラインドが用意されています。

それも、客室からは見えないようにされているため、和の雰囲気が保たれています。


ガラスで仕切られた部分は浴室に。


中にはシャワー室が完備されています。

客室とお風呂を仕切るガラスは、スイッチ1つで透明から半透明になる液晶ブラインドフィルムが内蔵されていますので、ガラス張りでも安心してお風呂に入ることが出来ます。


↑透明


↑不透明


最近では当たり前ですね!

写真は撮っていないのですが、最上階にある温泉もまた素敵でした。

空を切り取った、まるでジェームズタレルのような吹き抜けを持つ露天風呂は、

都市の喧騒は聞こえるけれど、空しか見えない、、

そんな不思議な体験が出来るお風呂でした。



最近、仕事上いろいろなホテルに泊まりにいっているのですが、さすが星のやですね。

館内を裸足で移動出来る都市型ホテルというのが、周辺のホテルとの差別化を図っているのですが、とても記憶に残る素敵なひと時を体験することが出来ました!

おそらく日本の中でもハイクラスに位置する星のや東京。

決して安くは無いホテルですが、記念日などに一度は体験してみてはいかがでしょうか?

16回の閲覧
建築設計事務所ラジコン
〒165-0022 東京都中野区江古田2-9-14-204
  • Facebook
  • Instagram