平成〜令和は感動的に!

最終更新: 2019年6月4日


こんにちは!





ラジコンの竹中です。





いつもご訪問頂いてありがとうございます!





先日から小笠原諸島での過ごし方をご紹介してきましたが、





実は、「平成」から「令和」に元号が変わる時も小笠原にいました!





と、いうことで





こちらが平成最後の日の入り↓↓↓






こちらが令和初日の日の出↓↓↓




若干雲が掛かっていましたが、なんとか見ることが出来ました!





早起きした甲斐がありましたね。







ちなみにこちらは夜の漁港の様子。





漁港!?





って思うくらい水が透き通っていて、サンゴも丸見え!





さらに驚くのは、エイやサメがうようよ。。










ちなみにこれ、エイに餌付けされてます。。





まさにカルチャーショックです。。





こんなに綺麗な海が間近にある生活、本当に良い島ですね!





と、今日はここまでにしてそろそろ本題に!





本日お客様のご依頼で敷地を見に行きました。





今回のお客様のご依頼は、屋上からスカイツリーを見たいとのことでした!





敷地に櫓を組んでもらえれば実際の高さからの風景をあらかじめ確認出来るのですが、








(これは別のプロジェクトで敷地に櫓を組んでもらった時のもの。





実際の高さからの風景を確認出来るので、設計する際にとても分かりやすいですね!)





敷地に古い建屋がある場合や、工事業者が決まっていない場合などは





なかなかそうは行かないものです。。





でもご安心を!





重要になってくるのが、どの方角に見えるのか、近くに同じ高さで確認出来る





ポイントがあるかどうか確認してみてください!





今回は敷地の近くに計画建物と同じ高さくらいのホームがあったのでそこから確認!





!!!





見えました!





でもこれ、少しでも位置が変わると、







周辺の建物のカゲに隠れて見えなくなります。。





このように、見える景色は周りの建物や障害物によって変わります。





近くから見えたからといって、敷地から見えるとは限らないのです。。





でも、





実際見えるか気になりますよね。。





そんな方は、工事が始まる前に工事会社にお願いして櫓を組んでもらいましょう!





工事することが決まっている場合、大抵は協力してもらえるはずなので、





是非一度ご検討してみてくださいね!





では!




#リフォーム工事

#ラジコン

#注文住宅

#ホテルライク

#モダンな

#マイホーム

#新築

#リフォーム

#小笠原諸島

#令和


建築設計事務所ラジコン
〒165-0022 東京都中野区江古田2-9-14-204
  • Facebook
  • Instagram