駐車場に必要な広さは?

新築住宅の中でトラブルになりやすいのが、実はこの駐車スペースの大きさです。通常は、今保有している車の大きさを基準に広さを決定しますが、もし買い変える予定があったり、バイクや自転車も一緒に駐車する場合、それらを考慮して広さを決める必要があります。

駐車場に必要とされている一般的な広さは、軽自動車が縦4m×横幅2m、大型車が縦5~6m×横幅2.5m以上と言われています。車椅子を使用している方も利用する場合は、ドアを全開しても壁にぶつからない

広さが必要になってくるため、横幅は4mほど確保するのが望ましいと言えます。

一度駐車場を設けると簡単にスペースを広げることが出来ないため、将来的な車の買い替え、自転車台数の増加なども念頭に入れて考えることが望ましいと言えます。

駐車場に必要な広さは?

お問い合わせ