子供部屋の広さは?

思春期に子供が部屋へ閉じこもってしまうのを避けるには、あえて寝ることだけを目的とした部屋にし、狭く設計することが望ましいと言えます。その場合、勉強スペースを別に設ける、テレビは置けないようにする、鍵を付けない、収納も家族と共有するといった点も合わせて考える必要があります。ただし、子供のプライバシーを確保するのが難しくなるため、その点の考慮も必要になります。

将来のレイアウト​変更は考慮すべき?

子供が増えた時などに備え、将来分割することも検討に入れて設計しておくことで、家族構成が変わった際に柔軟に対応することができます。その場合、分割する時に別途工事費用が発生しないよう、あらかじめ計画しておくことも重要になります。

建築設計事務所ラジコン
〒165-0022 東京都中野区江古田2-9-14-204
  • Facebook
  • Instagram