​建て付け型

キッチンの天板と一体型のテーブルにすることで、すっきりとした作りにできます。カウンターチェアも合わせて作ることで、ちょっとしたカウンターキッチンとして使うことも可能です。しかし、通常キッチンとダイニングの天板の高さは異なり床に段差が生じるため、その段差に慣れるまでは注意が必要になります。また、テーブルの大きさが限定されるため、家族構成の変更に対応しずらくなるという欠点があります。そのため、建て付けでテーブルを設ける場合は、あらかじめ人数を想定してデザインするのが望ましいといえます。

​購入型

ダイニングテーブルをキッチンカウンターと一体で作るのではなく、別で購入するタイプです

 一般的な家庭の多くはこちらのタイプで、テーブルを家族の成長に合わせて変更することが出来、買い替えも用意に行うことが可能です。引越しをする際なども建て付け型と違いキッチンと切り離して運搬出来るので、引越しや家具が好きな方にはこちらの

購入型をお勧めいたします。