ウォークイン型

ウォークイン型の場合、クローゼットを収納部屋として使用することが出来るため、衣服以外の物も収納することができます。また、部屋に鍵を付けることで、金庫や大切なものを保管する場所としても使用することが可能です。

※比較的広い面積が必要となるため、他の部屋との関係性を考慮した上で設計する必要があります。

シューズイン型

シューズインクローゼットは、玄関先の臭気を気にする必要がなくなり、同時にエントランスホールをすっきりと見せることが可能になります。また、棚や収納スペースを設けることで、屋外から室内に入る際の切り替えスペースとして使用できます。

※比較的広い面積が必要となるため、他の部屋との関係性を考慮した上で設計する必要があります。